医療関連感染 (HAI) は、患者様にも医療従事者にも影響を及ぼす世界的な問題となっています。 財政的見地からいえば、HAI が医療施設に及ぼす影響は年間推定67億ドルにのぼるとされ、人件費はさらに高くなります。 米国疾病予防管理センター (CDC) が 2007年3月- 4月期に発行したレポートによると、医療関連感染による米国の死亡者の数は 2002年で98,987人にのぼると推定されています。 しかしながら、この研究の著者が指摘しているように「HAI に関する全米データを 統合し一元化したソースが現時点では存在しない」ため、実際の数字はさらに高くなると思われます。
世界保健機関では、「世界中で常に140万もの人々が医療施設で受けた感染症に苦しんでいる」と推定しています。 発展途上国で医療関連感染に罹患する危険性は、先進国と比較して2~20倍も高くなります。

最近まで、医療施設には HAI 報告義務が課せられておらず、そのため医療関連感染の発生源を除去しようという動きは最善とは 言い難い状況にあります。 しかしながら、この問題に対する大衆の関心が高まり、州・地域レベルで責任を求める法律制定に つながるという動きを受け、HAI 撲滅への取り組みも活発になってきました。

 

 [感染制御関連情報]