インテグシール微生物シーラント

術前消毒で死滅しなかった常在菌を固着・密閉

 

皮膚を完全に滅菌することは不可能であるため、術前消毒を行った後でも細菌が増殖し、それがSSI(手術部位感染症)の主な原因になっています。そのリスクを低減するために考案されたのがインテグシール微生物シーラントです。インテグシール微生物シーラントは、MRSAおよび大腸菌など、術前消毒後も生き残った皮膚菌叢を封じ込めて固定し、それらが切開部位に移動することを防ぐことが実証されました。

販売名:インテグシール

 一般医療機器 届出番号:14B1X0005000017

 

インテグシールを使用した整形外科手技症例での使用経験

インテグシール使用経験に関する報告

 「インテグシールを使用した整形外科手技症例での使用経験」から一部抜粋

山口県済生会山口総合病院 整形外科では2015 年3 月以降、主に脊椎手術・全人工股関節置換術[THA]・全人工膝関節置換術[TKA] 症例の約190 例においてハリヤード・ヘルスケア・インク製インテグシールを使用してきた。その使用経験について記述する。 

  【インテグシールを主に使用している症例】

 脊椎手術(主にインプラントを挿入する手術) 【写真1全人工股関節置換術(THA) 【2

 全人工膝関節置換術(TKA) 【写真3】

Ortho_1


山口県済生会山口総合病院 整形外科 院長補佐 岸本 哲朗 先生

全ての内容をご覧になるにはこちら(PDFファイル)

本記述は、医師の臨床経験に基づく内容であり、本品を使用前には必ず本品の添付文書をお読みください。

ページ毎のアイテム: 10 | 20 | 全て
結果 of
このトピックに関する関連資料は現在ありません。
タイプ:
トピック:
言語:
 
検索
更新
結果 of
このトピックに関する関連資料は現在ありません。
ページ毎のアイテム: 10 | 20 | 全て
結果 of
このトピックに関するプログラムは現在ありません。
形式:
トピック:
 
検索
更新
結果 of
このトピックに関するプログラムは現在ありません。
ページ毎のアイテム: 10 | 20 | 全て
結果 of
検索結果なし
 
 
 
検索
更新
結果 of
検索結果なし


インテグシール微生物シーラント