HAI ホーム > 交差感染

交差感染

HAI最大の要因


感染対策に最善を尽くすつつもりであっても、残念ながら全ての医療従事者が常に必要とされる頻度で、 手洗いや消毒を実践できているわけではありません。 このような最善の対策とはいえない手指衛生 実施状況の下では、患者の皆様に深刻なリスクを与えかねません。米国疾病予防管理センター(CDC) の 所長であるジュリー・ガーバーディング博士によると、その理由は「医療現場での危険な細菌や抗生物質 耐性菌の拡散を防ぐには、手指の衛生が何より重要な要素である」からとしています。

手袋を使用するからといって手指衛生をおろそかにできないのと同様、手指衛生の実施が手袋使用の 必要性を排除するわけではありません。 手袋の使用により手指汚染は70~80% 減少し、交差汚染を防ぎ、 患者の皆様と医療従事者を感染から保護します。

医療現場における感染予防という点で、手袋、マスク、その他の医療従事者保護用品を過信することは禁物です。 これらの用品は手指衛生を伴ってこそ、医療現場における人から人への感染拡大予防効果を発揮する最初の防御壁になるのです。